スポンサードリンク

長渕剛が体調不良でツアー延期!?病気で自宅休養?原因は?

シンガー・ソングライター、長渕剛さん(56)が
5月2日、体調不良のため、
4日の鹿児島公演から予定していたファンクラブ・ツアーの
5月分公演を延期することを公式HPで発表しました。

 

笑っていいともで、たもりさんも心配していたそうです。

 

詳細について調べてみました。

 

スポンサードリンク

ツアー延期に関して

長渕さんは、先月中旬から腹痛と体のだるさを訴え、先週通院したところ
「急性胃粘膜障害、及び食道けいれん症、不整脈により1か月の休養を要する」
と診断されたようです。
現在は自宅で療養しているようですが、回復が思わしくなければ入院の可能性もあるそうです。

 

 

急性胃粘膜障害ということですが、
突然の上腹部痛や吐血あるいは下血で発症し、緊急の内視鏡検査で胃や十二指腸に多くの急性潰瘍、びらん、急性胃炎などが認められるものです。

 

 

長渕さんに潰瘍があったのかどうかはハッキリとはしていませんが、
出血がなければ比較的薬で良くなるようです。

 

 

ただ、1ヶ月間の休養を要するということなので少し不安です。

 

 

不整脈も気になりますね。

 

 

 

原因は?

 

急性胃粘膜障害の原因には、精神的・肉体的ストレス、鎮痛薬や解熱薬などの薬物、アルコール・香辛料などの多量摂取などがあげられますが、

 

 

8年ぶりの詩画展に向けた準備や、新曲「未来」(22日発売)の創作活動などで
多忙だったようで、アーティストとして良い作品を追い求め過労とストレスが少しずつ溜まっていったことが原因ではないかと言われています。

 

 

新曲「未来」については、

 

「3か月間、何度も何度も書き直して作り上げた。
これほど苦しんだことはなかった。
やっぱり苦労しないといい作品はできない。」

 

と明かしていたようです。

 

 

人一倍の完璧主義者でもある永渕さん。
詩画展に向けた準備と新曲「未来」の創作活動が重なり、
心身共に消耗させていたんですね。

 

 

回復をお祈りしています!

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す