スポンサードリンク

ドラえもんは体罰アニメ!?放送に影響あり?体罰の定義とは?

体罰問題が騒がれる中でふってわいた論争に、ドラえもんも困惑?

 

国民的アニメ「ドラえもん」に体罰を思わせるシーンがあるとの問題提起が

あるニュースサイトに掲載され、議論を巻き起こしているようです。

 

 

ドラえもん放送に影響はあるのか?

 

体罰の定義とはなんなのか?

 

その内容に触れてみました。

スポンサードリンク

問題のシーン

今回問題となったのは

”先生のゲンコツは是か非か”

ということのようです。

問題の文章は「夕刊アメーバニュース」で配信された
「『ドラえもん』で先生がゲンコツふるうシーンは体罰か」。

国際線の機内でドラえもんのアニメ版をたまたま見たという
「都内在住の30代男性」の感想を記者が聞いた、
という形で記されている。

あらすじの内容から、男性が見たのは「ニセ宇宙人」の回だと推測されています。

ジャイアンとスネ夫に騙されたのび太がドラえもんの道具を使い、
2人を偽のUFOと宇宙人で脅して懲らしめる、というストーリー。

なおアニメは1979年と2012年の2度製作されているが、
男性が見たのがどちらかは定かではない。

話の結末、ジャイアンとスネ夫は、
担任の先生から「いたずらをした挙げ句ウソを言っている」
叱られてゲンコツを食らう

男性はこの場面に「体罰」を想起したとして、

「アニメの内容にいちいち目くじらを立てることを『世知辛い』と認めつつも、 『国際線で見せなくてもいいのでは』とも思った」という。

 

 

確かに、海外の人からすれば文化が違い、
1979年版であったなら時代も違うので
どう感じられるかは分かりませんよね。

 

“日本はこんなに酷い教育をしているのか!?”

 

と思われても仕方ないかもしれませんね。

 

日本人であってもその感じ方は人それぞれちがうと思います。

 

 

 

廊下に立たせるのは体罰!?

『ドラえもん』ではのび太がしばしば廊下に立たされているシーンを目にしますが
これは文科省の「体罰の定義について」という内容に引っかかってしまう
可能性があるそうです。

 

ドラえもんの原作が発表されてから約40年程経っているので、
当時とは時代背景が大きく異なりますよね。

 

昔は現に、げんこつだって、廊下に立たされることだって
日常茶飯事に行われていたと思いますし。

 

昔のアニメと、現在の定義で比較するのもどうかと思いますが・・・。

 

 

 

『ドラえもん』の放送に関して

今回の問題で放送終了!

 

とはまだならないでしょうが、

 

2012年12月、大阪・桜宮高でバスケットボール部生徒が自殺する事件をきっかけに
その後どんどん浮上する体罰問題において、
今もなお議論が交わされているという現在の日本では、
アニメまでにも気を配る必要があるようですね。

 

多くの人が敏感になっている体罰問題。

 

これからも考えていく必要がありますね!

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す