スポンサードリンク

WiiUで任天堂vs笑笑!わらわら広場の名前の由来?株価に影響?

「Wii U」の商標にモンテローザが異議申し立てをしたことが2013年4月29日明らかとなりました。

 

その詳細を調べてみました!

 

スポンサードリンク

詳細

大手ゲーム機メーカー任天堂は
2013年12月にWiiUを起動すると現れる、
利用者の分身となるキャラクター(Mii)が集まり、
ゲームの感想が表示される
「わらわら広場」という画面などを商標登録した。

ところが国内外で笑笑を300店舗以上展開するモンテローザ社は既に
「わらわら」「WARAWARA」などを登録。
笑笑とWiiUの消費者の年齢層がほぼ重複するなどとして、
「自社商標の便乗は許されない」と主張。
3月22日付で特許庁に異議を申し立てた。

知的財産をめぐり、日本の大企業同士が世界各国で争うのは異例だそうです。

 

 

“わらわら広場”

 

確かに、居酒屋の笑笑を連想してしまう気がします。

 

なんで任天堂はわらわら広場と名付けたの?
ということですが、

 

Wii Uを起動したときに表示される画面で、Miiが「わらわら」いることから

だそうです。

 

 

任天堂は「十分に検討したうえで登録出願しており、模倣の意図はなかった」
としているそうですが、その真相は・・・?

 

 

 

株価への影響

任天堂は2年連続の赤字決算で、
WiiUと3DSに力を入れてV字回復を目指すと発表されたばかり。

 

気になる株価への影響は?
といことですが、
異議申し立てのあった22日あたりは若干下がっていますが、
30日には回復しているようです。

 

株価は数ヵ月後を見込んだものだそうなので、
今回モンテローザ社の異議申し立てが受け入れられたとしても
さほど影響がないのでは?
ということのようですね。

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す