スポンサードリンク

渡辺千穂の経歴や画像は?40歳で初婚の理由とは!?元彼や年収は?

羽鳥慎一さんとの同棲・熱愛が報じられた渡辺千穂さん。

脚本家として活躍中ですが、ご存じない方も多いかと思います。

一体どんな人物??

 

渡辺さんの経歴や過去の情報ナドナド気になる情報をチェックしてみました!

 

 

スポンサードリンク

渡辺千穂さんとは?

渡辺さんは、1972年10月18日、東京都生まれ。

数多くのテレビドラマ作品を手掛ける、脚本家です。

経歴を載せています。

02年にフジ「天体観測」で脚本家デビュー。
TBS「パパとムスメの7日間」、フジ「赤い糸」などがヒット。

07年公開の「恋する日曜日 私。恋した」など映画脚本も担当した。

最近では、今年1~3月に放送された仲間由紀恵主演のフジテレビ系「サキ」を担当した。

昨年は、山下智久主演のTBS「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」、
武井咲主演のフジテレビ「息もできない夏」の2本の民放連ドラを書き下ろした。

 

渡辺さんは、かつてはOLだったそうですが、脚本家へ転身したそうです!

心機一転、すごいですね!!

 

 

優しい笑顔が似合う美人で、ドラマ関係者も
「テレビの世界にはあまり見られない、とても女性的な人」
と話しているようです。

 

 

 

渡辺さんのカコ

さて、渡辺さん現在40歳ということですが、
40歳にして初婚のようです。

 

これまでの恋愛暦や彼氏は?

 

調べてみましたが、残念ながらヒットしませんでした。

 

29歳でOLから脚本家に転身しているので、
仕事に没頭して恋愛よりも仕事優先にしていたのかもしれません。

 

なんせ、脚本家はよい作品をコツコツと作ることが重要です。

 

脚本家の年収はピンキリで
何千万円も稼ぐ方もいれば、年収にして100万円に満たない
駆け出しの作家もたくさんいるそうです。

 

 

渡辺さんも脚本家として生計を立てるために
仕事に精を出していたんでしょうね。

 

 

最近では、仲間由紀恵主演のフジテレビ系「サキ」などの
連ドラを手掛けており、知名度も徐々に上がり年収も増えていっていたのではないでしょうか。

 

独身貴族。収入が増えれば結婚は遠のきますよね。
女性の晩婚化の原因のひとつではないでしょうか?

 

 

知名度が高くなると、脚本1本あたりの報酬も上がっていくので
今回の羽鳥慎一さんとの熱愛で知名度が更に高くなり
今後の作品はもちろん、年収も気になるところです。

 

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す