スポンサードリンク

水野学が情熱大陸に!くまモンをデザイン!プロフィールや経歴は?

水野学 画像

今注目のクリエイティブディレクター水野学さん。
経済効果300億円以上の“くまモン”を生み出した方としても有名です。

他には「ドコモiDロゴ」や「アディダスの広告」「宇多田ヒカルのCDジャケット」などさまざまな話題作品を創出しています。日本だけでなく海外からも高い評価を獲得している水野学さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

プロフィール

 

水野学 画像生年月日:1972年

年齢:41歳

出身:東京都生まれ茅ヶ崎育ち

出身大学:多摩美術大学

職業:クリエイティブディレクター,慶應義塾大学特別招聘

家族:妻,息子

 

 

大学でグラフィックデザインについて学び、
25歳で独立しデザイン事務所「good design company」
を設立されています。

 

25歳にして会社を設立するなんてすごいですよね。

 

そもそも、クリエイティブディレクターというのは、
ブランドの方向性を考えデザインのテイストを決定し
デザイナーに指示を出すいわば“総監督”の役目をしているそうです。
水野さんもブランドづくりの根本から商品企画、パッケージ、インテリアデザインまで、トータルにディレクションを行っているそうです。

 

デザインだけしているわけではないんですね!

 

そんな水野さんは世界三大広告賞の
「One Show」でGold,Sliver,Bronze
「CLIO Awards」でBronze受賞などなど
国内外で受賞歴多数とかなりの実力の持ち主なんです。

 

 

 

その水野さんが手がけたのがくまモン!

くまモン誕生秘話

 

さて、水野さんがデザインしたくまモンですが
今や経済効果300億円以上だそうです。

くまモン 画像

その、くまモン誕生秘話を水野さんが語っています。

九州の新幹線開通の時に「ロゴマークを作ってくれ」と、それを作り終えたんですけど、ロゴだけで本当に伝わるかなという風に考え出しちゃって、それでちょっと遊び半分で、熊本のキャラクターで良いのいないかなぁと思いまして。

元々の依頼は、熊本県をアピールするためのロゴマークを頼まれていたそうで
オマケで作ったのが「くまモン」だったそうです。
ロゴを決めるプレゼンの時、一緒に「これもオマケで」と見せたところ、県のスタッフが大絶賛!
これが誕生のきっかけだったそうです!

 

そんな遊び心でつくったくまモンがこんなにも経済効果を生むとは・・
すごいですね。

 

 

水野さんは他にも、NTTドコモのクレジットサービス「iD」を手がけたり

水野学 画像

 

ユニクロのTシャツ専門ブランド「UT」のグラフィック広告を手がけたりと

水野学 画像

 

私たちがよく知るデザインを実は水野さんが手がけていたなんて。
まったく知りませんでした。

 

数千案ものサンプルを作成してそこから1つだけを選んでいるそうです。

 

水野さんレベルの人になるとパッとアイディアが浮かんでサッと書いている
いわゆる天才肌なのかなぁと思ってしまいましたが
やはりその裏には緻密な作業があったんですね!

 

これからはそんなことを思いながらデザインを見ても楽しいなぁと感じました。

 

今後の水野さんや水野さんの作品にも注目ですね!

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す