スポンサードリンク

小塚拓矢が情熱大陸に!怪魚ハンターの経歴やwikiは?捏造って

小塚拓矢 画像怪魚ハンターの小塚拓也(こづか たくや)さんが23日放送の情熱大陸に出演されます。

世界約20種類いるといわれている『怪魚』のほとんどを釣り上げて
冒険好きや釣りファンの間ではカリスマ的存在の小塚さんとは一体どんな人物なのか?

調べてみました!

スポンサードリンク

まずはプロフィールからチェックしていきます!

プロフィール

 

小塚拓矢 画像名前:小塚拓矢(こづかたくや)

生年月日:1985年(28歳)

出身:富山県

出身大学:東北大学理学部生物科

 

 

情報が少なくてまだこれだけしか集められませんでした。。
すみません。

 

小塚さんは幼いころから魚が好きだったそうで
大学ではハゼの研究をしていたそうですが、
突然?研究室を飛び出しジャングルを旅しながら
そこに潜む怪魚を釣り上げる事に没頭し始めたそうです!
(ちなみに、怪魚とは体長1mを優に越す巨体の魚だそうです)

 

なぜ??

 

ご本人曰く、「好きだった彼女を見返してやるために!」

 

なんでも、高校卒業とともに彼女にふられて
自分より大きな魚を釣って彼女を見返すために旅を始めたそうですが、
どんどん怪物釣りにのめりこんで、
旅すること453日、23カ国を釣り歩く生活を送ったそうです。

 

 

いやぁ、もうこの時点で彼女見返してますよね!笑
そもそも、自分より大きな魚を釣ることが見返すことになるのかはナゾですが。笑

 

 

大学卒業後の2012年には
古代魚シーラカンスを釣り上げる事を定款とした
株式会社「モンスターキス」を設立しています。

 

ちゃんと大学卒業してることが偉い!と思っちゃいました。

 

 

現在まで25カ国を釣り歩いているそうで、
事前に旅先の情報を一切調べず飛び込み、
地元の人々の中からの生の情報を得ながら
獲物に辿り着くというのが“旅の流儀”だそうです。
もっと詳しく知りたい!
という方は、こちら↓↓

 

世界中での釣りの記録をまとめた小塚さんの著書『怪物狩り』
アマゾン、アジア、パプアニューギニア、アフリカ、ヨーロッパ、そして日本・・・。初期衝動のままに駆け抜けた、青春の記録──。

 

とてもおもしろい!
と話題になっているようなので是非チェックしてみてください!

 

 

捏造疑惑は本当??

 

小塚さんで検索していると“捏造”って出てきますが、これってどういうこと?
気になったので調べてみましたが、
結論から述べると情報が少なくてはっきりしたことが分かりませんでした。

 

ことの発端は、TERUさんという方のようです。
TERUさんのブログに、小塚さんがこのように書き込みを行っています。

100歩譲って、僕が「捏造」していたとして、
血のつながりがあり、関係が切れない実の弟にまで吹聴するのは、
人として、いかがなものかと思います。
であるならば、電話なり、メールなり、最終手段ではWEBなりで、
直接、不満をぶつけていただきたかった。
直接、事実確認をする努力を、していただきたかった。

 

 

お2人は一緒に旅したこともあったようですが、
現在はギクシャクした関係になってしまったのでしょうか?
結局この捏造疑惑に関しては
どうなったのか真相は分かりませんでした。

 

 

それにしても小塚さん、自分の好きなことを思うがまま存分に楽しんでいて、
こんな人生って素敵だなとうらやましくなってしまいました!

 

 

今回の情熱大陸では、
南米最大の巨大ナマズ、ビライーバを釣るために新たな冒険に出た小塚さんを
密着しています!
ビライーバは釣れたのかどうか!?
見所ですね!!

 

 

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す