スポンサードリンク

小田原尊徳マラソンで替え玉選手が優勝!?不正した市職員の名前は?

神奈川県小田原市で行われてた『小田原尊徳マラソン大会』で不正が起きました。
詳細に触れていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

このような詳細だったようです。

 

神奈川県小田原市で10日に行われた「小田原尊徳マラソン」大会で、体調不良で参加できなくなった男性(22)の“替え玉”として、高校陸上部で先輩だった市職員(23)が出場、年代別の部門で優勝していたことが26日、分かった。走らなかった男性が表彰台に上がり不正が発覚。市側は優勝を取り消したが、公表していなかった。

 

市は職員を内規で処分する方針。出場できなかった男性は今春に市への採用が決まっていたが、保留となった。市職員が当日、代走を希望し、男性は「ゆっくり走ること」を条件に承諾したが、市職員は10キロコースの「高校生~29歳以下」部門で優勝してしまった。

 

男性は地元で有名な陸上選手で「走っていないのにおかしい」と情報が寄せられた。大会は思想家・二宮尊徳にちなみ昭和63年にスタート。県内外から約1900人が参加した。

 

替え玉した人が優勝するくらいすごい人だったんですね(笑)
代わってもらった人もまさか替え玉の人が
優勝するなんて思ってなかったんでしょう。

 

もちろん優勝は取り消されていますが、
処分されてしまうのは、なんだかかわいそうな気もしますが、
不正は不正ですからね。

 

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

コメントを残す